開聞山麓香料園 芳樟ガーデン / 当園の歴史【日本で最初のハーブ農園・指宿・開聞岳・ドライブ・観光地】


当園の歴史


≪はじまりは1本のローズ・ゼラニュームから≫
ローズゼラニューム2.JPG
昭和のはじめ、それまで輸入に頼っていた香料が戦争の影響もあり、輸入が難しくなっていました。 このことに危機感を持った曽田香料の創始者・曽田政治氏は、国内での香料製造をするべく様々な香料植物の試験栽培を始めます。

同じころ、当園創始者・宮﨑巌は、珍しい植物を育て増やし、管理する仕事をしていました。その中に、バラのような香りをもつ「ローズ・ゼラニューム」がありました。この植物を曽田氏にすすめたところたいへん気に入り、曽田氏はローズ・ゼラニュームの栽培に乗り出します。

写真)ローズ・ゼラニューム 







宮﨑巌夫妻
昭和16年、栽培適地を探すため九州へ渡り現地調査が始まりました。

温暖な地を好むローズ・ゼラニュームの栽培適地を探した結果、薩摩半島の南端・開聞岳の麓が選ばれました。 そして宮崎巌は曽田香料・鹿児島農場長として、この地でローズ・ゼラニュームの増産を開始します。

当時、職員は徹夜で増産に努めました。その努力もあって、開聞岳の南斜面には広大なローズ・ゼラニューム畑が広がり、昭和18年には、日本で初めてローズ・ゼラニュームの精油の抽出に成功しました。その量は18kgでした。

写真)宮﨑巌夫妻 (ローズゼラニューム畑にて)






≪戦火に耐えて≫
当時の工場の様子
しかし、戦況の悪化による食糧増産のため、ローズ・ゼラニューム畑はイモ畑への変更を余儀なくされました。巌も戦地へ赴くことになり、残された夫人は自宅の片隅でローズ・ゼラニュームの親株を守り続けました。

その甲斐もあり、戦後すぐにローズ・ゼラニュームの増産を再スタートさせることができたのです。その後はローズ・ゼラニュームの他にも、レモングラス、パチュリー、ヴェチバーなどの試験栽培が行われ、熱帯地域原産のこれらの植物は八丈島へと移植されました。またローズ・ゼラニュームも度重なる台風による損傷がひどく、瀬戸内へと移植されました。

写真)当時の工場の様子







芳樟の幼苗
昭和22年、それまで台湾で栽培していた芳樟を開聞へと移し、増産が始まりました。開聞産の芳樟精油は大変品質が良く、国内だけでなく海外(主にヨーロッパ)にも輸出されるようになりました。

このため開聞町だけでなく指宿、喜入、頴娃、枕崎と栽培地域は増え、最盛期には年間3トンものオイルを抽出するようになりました。

写真)芳樟の幼苗










≪食材としてのハーブへ≫
ディルとイタリアンパセリの畑
戦後、順調かと思われた国産天然香料も、輸入自由化による安価な輸入品や合成香料におされ、国産の精油は価格で太刀打ちできなくなり需要は激減しました。 そして昭和40年代の後半には、ほとんどの生産農場は閉鎖に追い込まれていきました。

曽田香料も開聞から撤退することになり、残されたハーブと芳樟の木々はそのまま巌が個人で引き継ぎ、開聞山麓香料園として再出発することになりました。それにあわせて精油抽出のためのハーブから食材としてのハーブへと栽培品種が移り変わっていきました。

写真)ディルとイタリアンパセリの畑








ローズマリー畑<
当園からは、ローズマリーやタイム、ディルなどが築地市場へ空輸されるようになり、また、ハーブティーの普及とともに、これまで香料用として作られていたレモングラスなどは、お茶として飲まれるようになりました。

写真)ローズマリー畑














≪そして再び天然香料の時代へ≫
芳樟精油
平成に入り、ヨーロッパで盛んなアロマセラピー(芳香療法)が日本でも紹介されるようになりました。これは植物精油を心身の健康のために利用するもので、女性を中心に広がっていきました。

このアロマセラピーに使われる精油は化学合成されたものではなく、天然の精油を使うことになっているため、天然香料への需要が少しずつ増え、当園でも精油抽出が再開されるようになりました。

写真)芳樟精油 








芳樟の大木
現在は芳樟をはじめ、レモンユーカリ、レモングラス、ローズマリー、カユプテなどの精油を抽出しています。なお、芳樟は鎮静効果が高いと言われていて、フランスのアロマセラピストからもたいへん注目されており、当園でもたいへん人気のある精油です。

写真)芳樟の大木